山正について

1935年        
初代山田正治により神田元岩井町で【やま正】創業
1943年~1958年
休業

1959年        
「染と呉服のやま正」として新装開業

1999年        

「きもの樂布山正」

三代目女将が中心となり「きもの樂布」という名前は布を楽しみ、

纏うことで着る人を幸せに導くという想いを込めています

2021年        

長女:文化女子大卒業後アパレル会社にて勤務した後、

アイルランドへ語学留学。帰国後山正に入店。現在女将と共に日々着物に触れながら修行中。

 

 

両親から受け継いだ昔ながらの着物文化を大切にしながら

新しさを取り入れたご提案をしております。

 

お客様と共にわくわくしながら着物を楽しみ

山正が提案する「きもの樂布」を是非体感して頂きたいと存じます。

 image2.jpg